通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > 実行ファイル
a.out
辞書:電算用語の基礎知識 ファイル形式編 (PFFMT)
読み:エイ-アウト
外語:a.out
品詞:名詞

最も古くから存在する「由緒正しい」UNIX実行ファイルフォーマット

目次
概要

a.outは歴史あるフォーマットであるが、やがてELFに取って代わられた。

このa.outには、大きく二種類がある。

非常に古いリンカはZMAGICのみ、少し古いものは両方に、比較的新しいものはQMAGICのみに対応している。そして最新のものでは両方とも対応していない。

カーネルはどちらのa.outであっても実行可能なので、利用者はそれほど気にする必要はない。

差は、新しいQMAGICではNULLポインターへの不正なアクセスが検出しやすくなっていることである。

特徴

対するELFはAT&T System V UNIXで登場し、徐々に移行が開始される。

FreeBSDもバージョン2.xまでは伝統的な「a.out」を採用していた。しかし同様にPC UNIXであるLinuxがELFを採用する仕様変更を実施したことに伴い、GCCがELFを採用してa.outの対応を中止した。このため仕方なくFreeBSDも3.xからELFのサポートを開始することになる。

また、他のUNIXやBSDも同様である。

NetBSDは、NetBSD-1.4/i386はa.outだったが、NetBSD 1.4.1からELFとなったようだ。

OpenBSDは、OpenBSD 1.2からELFの対応が開始され、OpenBSD 3.4から完全にELFに移行したようだ。

リンク
関連する用語
UNIX
実行ファイル
COFF
ELF

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic