通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > プログラミング > 言語 > C
電子計算機 > ソフト > プログラミング > 言語 > C > C++
電子計算機 > ソフト > プログラミング > 言語 > C > Objective-C
clang/LLVM
辞書:電算用語の基礎知識 ローカルアプリ一般編 (PNAPLLI)
読み:クラン-エルエルヴィーエム
外語:clang/LLVM
品詞:名詞

フロントエンドにclang、バックエンドにLLVMを使用する、C/C++コンパイラーの環境のこと。

目次
概要

従来のGCCGPLv3になってしまい企業で使えなくなってしまったことから、新たにBSDライセンス相当で登場した環境である。

脱GPLv3を目指したAppleの精力的な貢献により、GCCを超える完成度のC/C++/Objective-Cコンパイラーとなった。もちろんC++ではSTLも問題なく利用できる。

特に、エラー表示などがGCCとは比較にならない親切設計で、注目を集めた。

BSD

FreeBSDは、FreeBSD 10.0からデフォルトコンパイラーをGCCからclang/LLVMに変更した。これによって、悲願であった脱GPLv3を達成した。

FreeBSDでは、FreeBSD 9.0からclang/LLVMでビルド可能とし、次のFreeBSD 10.0から正式に採用したことになる。

リンク
関連する用語
clang
Low Level Virtual Machine
GCC

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic