通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様 > 予約語・関数など > C++
STL
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング用語編 (PTPROGY)
読み:エスティーエル
外語:STL: Standard Template Library
品詞:名詞

標準テンプレートライブラリ。標準C++ライブラリに含まれる機能の一つである。

目次
概要

可変長配列/リスト/マップ(連想配列)等の基本的なコレクションクラス、コレクションを操作するイテレーター、オブジェクト化されたアルゴリズムや関数、などを提供する。

テンプレートを多用しており、多くはヘッダーファイルのみで実装される。

特徴

STLという用語は、正式な定義はない。一般には、次のものから構成されると認識されている。

これらと、他の標準C++ライブラリを組み合わせてC++のプログラムは記述される。

機能
コンテナー

コンテナーは、動的に領域を確保し、自動的に解放をしてくれる機能である。

大きく三種類に分類される、次の機能がある。

イテレーター

イテレーター(反復子)は、コンテナーの各要素へアクセスするためのクラスである。

どのようなクラスでも共通のインターフェイスを持っており、またポインターと同様にインクリメント/デクリメントで前後に移動し、*や->で要素の参照が可能となっている。

共通アルゴリズム

コンテナーの要素に対して使われる関数群である。

ソート、マージ、検索、反転など、様々なものが用意されている。

これらの関数は、イテレーターを介してコンテナーの要素にアクセスする。

関数オブジェクト

演算子をオブジェクト化したもの。

Cのqsort()関数を例とすると、値を比較するための関数へのポインターを渡していた。C++のSTLでは、関数オブジェクトを用いる。必要な演算子がオーバーロードされていれば、いちいち関数を定義する必要がない。

リンク
用語の所属
C++
標準C++ライブラリ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic