通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様 > 予約語・関数など > C++
std
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:エスティーディー
外語:std
品詞:名詞

標準C++ライブラリの所属する名前空間

目次
概要

std名前空間は、標準C++ライブラリ全体が所属する名前空間である。

C++標準では、C/C++の標準的なヘッダーファイルで定義されるもののほぼ全てが含まれる名前空間であり、このため非常に広大である。

このように広大に設計しすぎたstdはC++の設計ミスの一つである。しかもC++では、この広大な名前空間を僅か1行でグローバルにすることができる秘術が存在する。

特徴
広大な名前空間

名前空間は理想的には、機能ごとに分割することが望ましく、そうすることで自然と名前空間は小さくなるため名前衝突の確率も下がなど利点もある。

しかしC++標準では、理由は不明だが全ての標準をたった一つの名前空間stdに押し込むという方法を選択した。理由は定かではない。

using namespace std;

プログラムの先頭に書いておくことで、std名前空間のものをグローバルと同様に扱うことができるという秘術である。

ただでさえ巨大な名前空間であり悪評も高く設計ミスとまで罵られるstd名前空間をグローバル化するのは、望ましいことではない。

このように無造作にusing宣言をするよりは、必要なシンボルを一つずつusing指令する方が思わぬ悪影響を避けることができたり、どのシンボルを必要としているのかをプログラム内に記載することにもなることから、安全性やメンテナンス性を高めることになる。

リンク
用語の所属
C++
名前空間
関連する用語
namespace
using
標準C++ライブラリ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic