通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様 > 予約語・関数など
throw
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:スロウ
外語:throw
品詞:名詞

C++/Java予約語の一つ。例外を送出する。

目次
概要

言語により仕様にかなり差が見られるが、いずれにせよ例外を送出し、catchに捕獲されるように機能する。

throw-catchがなくても、フラグ等を返しif文などで制御する方法でも同様のことは可能だが、if文はそれ以外の条件が混入することがあり視認性に難があるのに対して、throw-catch構文の場合、catch内の処理は常にthrowに対する処理であり視認性に優れる、などの利点がある。

特徴
C++

C++の場合、原則としてtry-catch構文の中でthrowを用いる。また、関数内でスローされた例外が関数内で処理されず、呼び出し元に返されることもある。

C++の場合は、int型やconst char*型など、特定の型でスローすることができ、catchブロックはその型を指定して受け取ることになる。また型を指定せず、「throw;」のようにして例外をスローすることもでき、この場合は標準の例外クラス std::bad_exception がスローされる。std::bad_exceptionは、catch (std::bad_exception e) { ... } のようにして受け取って処理をする。

Java

Javaでは、Exceptionクラスから派生した例外クラスを初期化した上でthrow命令に渡すことで、例外を送出することができる。

多くの場合、throw new NullPointerException(); のように、throw new 例外クラス として用いる。

リンク
用語の所属
予約語 (C++)
予約語 (Java)
関連する用語
C++
Java
try
catch
throws

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic