通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様 > 予約語・関数など > C++
virtual
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:バーチャル
外語:virtual
品詞:名詞

C++の予約語の一つで、いくつかの意味を持つ。

概要

基底クラスへの参照ポインターは、派生クラスのオブジェクトを指すことが可能だが、基底クラスの型のままメンバー関数を呼び出すと、基底クラスのメンバー関数が実行されてしまう。

しかし、基底クラスにおいてメンバー関数を定義する際にvirtual指定したメソッドは、実行時に変数が指している実際の型に基いて実行するメソッドが決定される。

オブジェクト指向の重要概念である多態性を実現するための機構であり、SmalltalkJavaでは特に指定しなくても全てのメッセージ/メソッドはレシーバーの実際のクラスに基いて決定されるため、virtualのような仕組みは不要である。C++でわざわざこのような概念を導入したのは、ひとえに実行速度の観点による。

多重継承の際に基底となるクラスに対して指定すると、ダイヤモンド継承(継承する複数のクラスが共通基底クラスを持つ)の場合に、共通基底クラスの実体を一つにすることができる。

リンク
関連する用語
C++
メンバー関数

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic