通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 芸術美術 > 音楽 > 音響機材 > 電子計算機関連 > 音響機器インターフェイス
コントロールL
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術接続編 (CTIF)
読み:コントロールエル
外語:Control L
品詞:名詞

かつてソニーの、普及価格帯のビデオデッキやテレビなどで使われていた制御インターフェイス。

概要

双方向シリアルインターフェイスで、ビデオ編集に必要となる詳細な制御が可能だった。

昔は「コントロールL」か「Remote端子」と呼ばれており(どちらが先かは不明)、コネクターには直径2.5mmステレオマイクロジャックまたは5ピンのminiDINが使用されていた。

傾向としては、マイクロジャックの「Remote端子」は8mmビデオカメラ等に搭載され、5ピンのminiDINの「コントロールL」は据え置きビデオデッキに搭載されていた。これがいつの頃からかコネクターは2.5mmステレオマイクロジャックに統一され、名称もLANCに変わった。

リンク
関連する用語
コントロールS
コントロールA1
LANC

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic