通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 用途分類 > エラーチェック
チェックディジット
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術物理層編 (CTPMD)
読み:チェックディジット
外語:check digit
品詞:名詞

その数値列が正しいかどうかを判断するために設けられた数値(ディジット)のこと。JANクレジットカード番号の最後の桁はチェックディジットになっており、番号が正しいかどうか判断可能となっている。

目次
分類

計算方法には様々な方法があるが、一般には各桁に決められた方法で決まった値(ウエイト)を掛けて足し、モジュラスで割った余り(剰余)を種に使うことが多い。

足し方による分類

足す時に、単純に足して行く「一括」と、ウエイトを掛けた結果が二桁になるときに一桁ごとに分けて足す(18の場合は1と8を足す)「分割」とがある。

JANやISBNなどは一括、クレジットカード番号は分割が採用されている。

最後のまとめ方

掛けて足して得られた結果をモジュラス(10など)で割って余り(剰余)を得る。この結果をそのまま使うものと、更にモジュラスから引いた値を使うものとがある。

JANやISBN、クレジットカード番号は後者である。

ウエイトの掛け方による分類

大きく二種類、奇数桁と偶数桁に分けてそれぞれに決められた値を掛けて足す方法と、末尾桁から[x][x+1][x+2]…と掛けて足して行く方法とがある。

JANやクレジットカード番号などでは前者、ISBNでは後者が採用されている。

前者の場合は、奇数桁にx偶数桁にyを掛けるとすると、ウェイトx-yと表現する。後者は末尾桁をxとし、先頭桁をyとするとウエイトx〜yと表現する。

実例と呼び分け方

JANは、奇数桁に3、偶数桁に1を掛け、足し方は一括のモジュラス10なので「モジュラス10 ウエイト3-1(一括)」と表現される。

クレジットカード番号は、奇数桁に1、偶数桁に2を掛け、足し方は分割のモジュラス10なので「モジュラス10 ウエイト1-2(分割)」と表現される。但しこの呼び方はあまり使われておらず、LUHN Formulaの名で呼ばれている。

ISBNは、末尾(サム桁)に1、先頭桁に10を掛け、足し方は一括のモジュラス11なので「モジュラス11 ウエイト1〜10(一括)」と表現される。

リンク
用語の所属
CD
関連する用語
モジュラス10 (総称)
モジュラス11 (総称)
チェックサム
JAN
クレジットカード番号
ISBN

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic