通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 下位層 > データリンク層(符号) > 符号 > 伝送符号・同期
ビット同期
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術用語編 (CTYOGO)
読み:ビットどうき
外語:bit synchronization
品詞:名詞

同期通信においてビット単位で同期制御を行なう方法のこと。

目次
概要

通信のデータとは、電線の場合は単なる電圧の大小、光回線の場合は単なる光のパルスに過ぎないので、そこから何らかの目印を元に、データの「最初」を見つけ出す必要がある。

そのために決められたパターンとして用意されたのがLeading PAD(PADL)であり、これを利用する同期方法をビット同期と呼ぶ。

特徴

まずLeading PADと呼ばれるビット列でビット同期を行なう。

次にキャラクター同期またはフレーム同期のいずれかを行なう。どちらを行なうかは、ものによって異なる。

リンク
関連する用語
同期
同期信号 (一般)
フレーム同期
キャラクター同期

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic