通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 下位層 > 物理層(信号・符号) > 伝送方式 > リンクアグリゲート
リンクアグリゲート
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術用語編 (CTYOGO)
読み:リンクアグリゲート
外語:link aggregate
品詞:名詞

複数の物理層を一つの論理層として通信する機能。

目次
概要

ある2台の機器間を複数のケーブルで接続することで帯域を広げ、また対障害性を高める技術。IEEE 802.3adを用いるのが一般的になっている。

例えば100BASE-TXでは100Mbpsの通信が可能だが、2本の100BASE-TXの線をリンクアグリゲートすれば、200Mbpsの帯域を持つネットワークが存在するのと同じように利用できる。

特徴

実際の用法としては、専用線2回線を束ね、一つのPPPインターフェイスとして使用するようなケースなどがある。

また、スイッチ‐スイッチ間の通信をリンクアグリゲートするような用法も一般的である。

リンク
関連する用語
物理層
IEEE 802.3ad
MP
マルチリンク

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic