通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 技術 > 特徴
通信 > 用語・俗語 > 技術 > 速度・帯域
通信 > 無線交信 > アマチュア > 俗語
広帯域
辞書:通信用語の基礎知識 無線技術用語編 (WCYOGO)
読み:こうたいいき
外語:wide band
品詞:名詞

帯域が広いこと。

目次
概要

無線にせよ有線にせよ、帯域というものは存在する。

各分野において、その帯域が一定の基準よりも広いと判断される場合、それは広帯域と呼ばれる。

特徴

アマチュア無線含む無線通信では、占有周波数帯幅が広いものをいう。2009(平成21)年3月30日から広帯域の定義が変更になり、占有周波数帯幅が3kHzを超えるものが広帯域、3kHz以下が狭帯域となった。通常のFMによる電話(6kHz)は広帯域の扱いとなる。

有線通信では、広帯域によってもたらされる効能、つまり従来よりも「高速に」通信できるものや状態を、広帯域ということが多い。つまり、ブロードバンド、ワイドレンジを広帯域と呼んでいる。

リンク
関連する用語
帯域
ブロードバンド (帯域)

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic