通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 無線交信 > 応用・用途
流星散乱通信
辞書:通信用語の基礎知識 無線・アマチュア編 (WAHAM)
読み:りゅうせい-さんらん-つうしん
外語:MBC: Meteor burst communications
品詞:名詞

流星で発生する電離電子を用いる通信。

概要

流星は約10秒に一回の頻度で大気圏に突入しており、その都度、1秒から2秒程度の通信が出来る。

偶然に任せた通信方法で、超マニアックであるが、比較的安価な設備で遠距離通信が出来る。

アマチュア無線では、50MHz帯で行なわれる。

リンク
関連する用語
電離層反射波

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic