通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 現象・物質等
流星
辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:りゅうせい
外語:meteor
品詞:名詞

夜空に光点が生じ、それが流れて移動し、その後消える天体現象。

概要

大気圏の外にあった物質が大気圏に進入し、大気との摩擦によって分解蒸発し発光する現象である。

流星のもととなる塵(流星物質)は、おおむね彗星から放出されたものである。

流星の一部には落下中に燃焼しきれず地上に落下するものがあり、このようなものを隕石という。

流星になる物質は太陽を周回する微細な物質が大半であり、直径は数mm、質量も数μg程度である。

リンク
関連する用語
流星群
隕石
惑星間塵

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic