通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 宇宙構造 > 太陽系 > 惑星系 > 地名・現象
大気
辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:たいき
外語:atmosphere
品詞:名詞

惑星を取り巻く気体の層のこと。

目次
概要

太陽系には8つの惑星があり、他の恒星にも惑星は確認されている。

こういった惑星の多くは自身のもつ引力で気体物質を周囲に留めており、これが大気である。

太陽系の惑星のうち、金星地球木星土星天王星海王星が豊富な大気を持つ。また水星には希薄な大気が、火星にも地球の1/200の僅かな大気が存在することが知られている。

なお、地球の衛星であるには大気が無い。

特徴
機能

大気は太陽(他の惑星系ならその恒星)が放つ紫外線などを遮り、また惑星から宇宙への熱の放散を妨げるなどの働きを持つ。

このため、成分により下層の気象現象に大きな変化をもたらす。

地球

地球の大気は窒素酸素が主成分であり、他に微量の物質を含む。

  1. 窒素(N) 78%
  2. 酸素(O) 21%
  3. アルゴン(Ar) 微量
  4. 二酸化炭素 微量
  5. その他 微量
リンク
関連する用語
大気圏
空気
シンチレーション

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic