通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 手段
通信 > プロトコル > 階層分類 > 下位層 > データリンク層(符号) > 符号 > 伝送符号・同期
非同期
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術用語編 (CTYOGO)
読み:ひどうき
外語:asynchronous
品詞:名詞

調歩式とも呼ばれる同期方式で、信号伝達のタイミングが定まっていないこと。

概要

データの転送の方式で、実際のデータを一定のサイズに区切って(7ビットと8ビットが一般的で、この単位をキャラクターと呼ぶ)、そのデータの先頭にスタートビット、最後にストップビットを付加し、1キャラクター毎に同期を取る方式。

非同期モードのデータフォーマット
非同期モードのデータフォーマット

この方式は、キャラクターの間隔を任意に取ることが出来るという利点があるが、各キャラクターごとにスタートビットとストップビットという、実際のデータとは無関係なデータを送信しなければならないため、同期式にくらべて伝送効率が落ちるという欠点もある。

利点は、時分割による回線の多重化が容易である点が挙げられる。

リンク
用語の所属
同期
関連する用語
スタートビット
ストップビット
信号
送信
時分割
回線

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic