通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > システム > 放送 > 画像放送(テレビジョン) > 信号・技術 > 映像方式 > フォーマット名
480i
辞書:通信用語の基礎知識 無線・業務放送技術編 (WBCASTT)
読み:よんひゃくはちじゅうアイ
外語:480i
品詞:名詞

SDTV(標準品位テレビ)のフォーマットの一つで、有効走査線数が480本であるもの。

目次
概要

走査線525本インタレース(525i)で、有効走査線数から480iと一般に呼ばれる。

主な仕様は次のとおり。

特徴
用途

いわゆる標準テレビ(SDTV)のインタレースといえばこれになる。

かつての地上アナログ放送(NTSC)や、それに準ずるDVD、ビデオデッキの録画映像等が該当する。ハイビジョンではないBS/CS放送、CATV放送なども480iである。

アスペクト比は4:3(1.33:1)であるが、上下を削って横長の16:9(1.78:1)にしたワイドテレビ放送(レターボックス信号)なども行なわれていた。

D端子

D端子では、D1端子D5端子までの全てが対応している。

NTSC/PALなど、古くからあるテレビ放送のスタイルで、基本中の基本である。

リンク
用語の所属
SDTV
インタレース
関連する用語
D端子
D1端子
D2端子
D3端子
D4端子
D5端子

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic