通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 符号 > 文字 > 制御
通信 > プロトコル > 階層分類 > 下位層 > 物理層(信号・符号) > 情報符号(上位)
ACK (一般)
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字用語編 (CTCHRY)
読み:アック
外語:ACK: ACKnowledge
品詞:名詞

情報通信における信号の一つで、肯定応答。

目次
概要

通信における肯定的な応答で、一般には、通信がエラーなく到達したことを示す信号である。

通知方法も様々あるが、物理層に近い層では信号線のHI/LOWで表現することが多く、上位層に近い層では専用に用意された制御コードや通信手段によって実現する。

例えば、制御コードを用いる方法では、ASCIIでは0/6(0x06)を、EBCDICでは2/14(0x2e)を使うのが一般的である。

また専用に用意された通信手段による例としては、TCPヘッダーACKフラグなどがある。このように何らかのプロトコルにおいて肯定的な返答を単にACKと呼ぶことがあり、そういった物も含めてACKの返信が戻ることを「ACKが返る」のように表現する。

特徴
重要性

通信プロトコルにおいて、ACKの送受信は重要なものである。要求が正常に受け付けられたかどうかを判断せねば、安定した動作は期待できないからである。

このため多くのプロトコルではACK返信の機能を持っている。単にACKの意味だけをもったパケットを返信する場合と、要求への対応完了応答などをACKとするものとがある。

複数機能を兼ねるもの

I〓Cなどは、ACKを複数の目的に用いているものの一つといえる。

送信の際にACKが返るが、シンプルな実装では無視されることが多い残念な信号である。

受信(スレーブ→マスター)の場合は、マスター側がACKかNACKを送信するが、これは正常な受信の通知というだけでなく、続けてデータを要求するか否かという機能も兼ねている。

手法
レガシーな通信媒体

レガシーな通信媒体ではACK文字を返信することでACKとする実装が多い。RS-232Cや類する媒体を用い、ほぼ物理層の規定のみで使われるような世界では、この方式が採用される。

また、仮にプロトコルを用いていても、インターネット用プロトコルのような複雑なものは当時殆どなかった。このため、次のプロトコルはACK文字をACKに採用している。

また、パラレルインターフェイス(プリンターポートやIEEE 1284など)では、ACK信号を送るための線を1本以上用意することで、これを実現することもある。

インターネット

インターネットの世界では、TCPがヘッダー内にACKフラグを持ち、同時にデータを返信することができる。このことから、ここで使われる多くのプロトコルも同様に設計されることが多い。

次のプロトコルは、ACKとして情報が返信される代表的な例である。

DHCPDNSNTPなど、要求に応じて返信されるプロトコルは、その返信が一般にACKとして扱われる。

他の世界

通信以外の世界でも、ACKは様々な表現として使われている。

リンク
用語の所属
制御コード
ASCII
信号
関連する用語
XOFF
NACK

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic