通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > サーバー・デーモン > DNS
DNS
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術応用編 (CTAPL)
読み:ディーエンエス
外語:DNS: Domain Name System
品詞:名詞

インターネットで使われている分散型データベースシステムで、ドメイン名IPアドレスの対応を管理するために使われている。

目次
概要

DNSサービスを提供するサーバーを「DNSサーバー」という。

もし、コンピューター名からIPアドレス、もしくはIPアドレスからホスト名を取得する必要がある場合は、DNSプロトコルを用いてDNSサーバーに照会をし、結果を得ることになる。

プロトコルは、次のRFCで標準化されている。

特徴
zone

DNSに設定される情報をzoneといい、このために作られるファイルをゾーンファイルという。

よく使われるレコードに、次のようなものがある(順不同)。

関連技術
リンク
関連する用語
DNSサーバー
DNSSEC
権威
IPアドレス
ドメイン名
BIND
zone

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic