通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信
インターネット
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術システム編 (CTSYS)
読み:インターネット
外語:the Internet
品詞:名詞

世界中のネットワークを互いに接続しあった巨大ネットワークのこと。

目次
概要

大小の規模を問わず、世界中の、数多くのネットワークが相互に接続されて構成されている。

元々ネットワーク(network)という語は、計算機の接続があたかも網の目のようであることから「net」と呼ばれるようになったもので、日本語でnetは「通信網」と訳される。

これが更に「相互に」接続されるため、この意味を持つ接頭語「inter-」を付け、internetと呼ばれるようになった。

従って、internetを日本語に訳せば、「相互通信網」であると言える。

特徴
管理

相互に接続されているとは言っても、各ネットワークは各ネットワークごとに独自の基準で管理される。この一単位をAS(自律システム)というが、全体を管理するようなものは存在しない。

但し、IPアドレスドメイン名といったものは、重複等がないように、団体によって管理されている。

機能

インターネット上では様々なサービスが提供でき、そして提供されているが、よく利用される主なサービスとして、次のようなものがある/あった。

定冠詞

まず、インターネットにはan internetとthe Internetという、二種類の英表記がある。

小文字のiで始まるan internetは、複数のネットワークを相互に接続したものをいい、これを広義のインターネットという。

大文字のIで始まるthe Internetは、ARPANET(アーパネット)として始まったもので、基本的にはIP接続されているネットワークであり、広義のネットワークの中でも特に広い範囲(地球規模)で相互接続されているものをいう。これを狭義のインターネットという。

狭義のインターネットには、次のものが知られる。

広義のinternetは小規模なものも含むため、小規模な相互接続通信網をthe Internetと区別するためにinternetと書くことがある。

接続方法

インターネットへの接続手段には様々なものがある。技術革新により、高速かつ安価な接続手段が増えた。


有線での接続

概ね速い順に、次の通り。


無線での接続

概ね速い順に、次の通り(表記のないものは原則として受信速度)。

リンク
用語の所属
ネットワーク
インターネット (広義)
NET
関連する用語
イントラネット
エクストラネット
URL
インターネット (WWW)

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic