通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電話 > サービス > 公衆有線 > キャリア別 > NTT・電電公社 > 有線
フレッツ 光ネクスト
辞書:通信用語の基礎知識 固定電話サービス編 (WTELFS)
読み:フレッツ-ひかりねくすと
外語:FLET'S HIKARI NEXT
品詞:商品名

NTT地域会社(NTT東日本NTT西日本)が提供する、次世代ネットワークサービス(NGN)を用いた光ファイバー接続(FTTH)サービスの名。Bフレッツの後継サービス。

目次
概要

キャッチコピーによると、次のような利点を併せ持つ「いいとこどり」であるとされる。

特徴
由来

従来型の電話網は、実はもう保守不可能な状況になっている。なぜなら、肝心の交換機が、もう売られていないからである。従って今後も「電話」という機構を残すためには、基幹のIP化は避けられない。

NTTはこの方式としてNGNを開発し、IP電話の「ひかり電話」はもちろん、Bフレッツの後継となるインターネット接続のサービスも「フレッツ 光ネクスト」として商品化された。

もしフレッツ 光ネクストが普及しなければ、従来型の電話はなくなるか、あるいは非常に高額なものにならざるを得ないという、重要な使命を持った商品である。

違い

Bフレッツの場合、契約者宅からアクセスラインでNTT局舎に至り、ここからNTTのバックボーン「地域IP網」を経て、各ISP経由でインターネットに接続される。

フレッツ 光ネクストも同様だが、NTTのバックボーンがBフレッツのものと異なり「NGN」が使われている。次のような機能が特徴といえる。

そのほか、Bフレッツにあった機能は順次実装されていくものと思われる。

料金は、個人向けは既存のBフレッツと原則同額で、テレビ電話などの新機能が追加される。

サービス
提供エリア

2008(平成20)年3月末に、首都圏と大阪(NGNフィールドトライアル実施エリア)で開始した。

2010(平成22)年度末までに、現行のBフレッツサービスエリアまで拡大する計画として鋭意エリアを拡大した。実際には全国あまねくサービスされているわけではないが、市街地は概ねサービス圏内となっている。

サービスタイプ

共通事項

表示されている速度は全てベストエフォート

末端100Mbpsから始まり、現在は200Mbpsと1Gbpsのサービスがある。200Mbps以上のサービスを受けるためには当然だが宅内にギガビットEthernet(GbE)の設備が必要である。最近はGbEが一般化していはいるが、古いパソコン等では100Mbpsまでしか対応していないものもある。


NTT東日本

2016(平成28)年3月現在は、Wi-Fiルーターをセットとした「スマートタイプ」という商品もあるが、ここでは速度の一覧とするため、省略する。

2段階定額プラン(フレッツ 光ライト/フレッツ 光ライトプラス)はBフレッツ(従来の地域IP網に接続されるサービス)であり、NGNではない。


NTT西日本

かつて提供されていた「エクスプレスタイプ」は、「スーパーハイスピードタイプ 隼」と改名され大幅に値下げされた。

2段階定額プラン(フレッツ 光ライト)はBフレッツ(従来の地域IP網に接続されるサービス)であり、NGNではない。

プロバイダー

フレッツ 光ネクストは、あくまでプロバイダー(ISP)につなげる回線サービスであり、インターネットにつなげるISPサービスは提供していない。

つまり「家→NTT(NGN)→ISP→インターネット」という経路のうち、家からISPまでの区間を提供するサービスである。従って、インターネットにつなぐためには同時にISPも契約しないといけない。

対応するISPは2016(平成28)年3月現在、NTT東日本は「300社以上」とアナウンスしており、NTT西日本はリストに420社程度存在している。

有名大企業は次のとおりであるが、必ずしもここから選ぶ必要はなく、聞いたこともないような零細から選ぶことも可能である。そのほうが良いこともあるし、悪いこともあるかもしれない。選択肢は非常に多い。

特に評判が悪いのは以下であり、選べば必ず後悔するらしい。

リンク
関連するリンク
NTT東日本
NTT西日本
用語の所属
フレッツ
フレッツ光
関連する用語
NGN
Bフレッツ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic