通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電話 > サービス > 公衆有線 > キャリア別 > NTT・電電公社 > 有線
Bフレッツ
辞書:通信用語の基礎知識 固定電話サービス編 (WTELFS)
読み:ビーフレッツ
外語:B FLET'S
品詞:商品名

NTT地域会社(NTT東日本NTT西日本)が提供する、光ファイバー接続(FTTH)サービスの名。試験サービス中の仮称は「光・IP通信網サービス」。

目次
概要

アクセスライン速度が100Mbpsまたは1Gbpsの光ファイバーの帯域を専有または共有し、「地域IP網」に接続するサービスだった。

Bフレッツは既に古いサービスであり、主力は、次世代ネットワーク「NGN」に接続するサービス、フレッツ 光ネクストに移行している。

特徴
現状

サービスされる通信速度は最大100Mbpsのベストエフォート型である。1Gbpsをダイレクトに利用可能なサービスは提供されていない。

また、NTT東日本とNTT西日本は別の会社であるため、サービスメニューも異なっている。

NTT東日本はBフレッツ廃止の方向性であり、2013(平成25)年度第4四半期以降、「Bフレッツ」の一部メニューの契約者を料金とアプリケーションサービスはほぼそのままで、現行のサービス「フレッツ 光ネクスト」に移行すると発表されている。なお、「Bフレッツ ビジネスタイプ」「Bフレッツ ベーシックタイプ」「Bフレッツ ニューファミリータイプ」は引き続き提供するとしている。

NTT西日本も、徐々にBフレッツの新規契約を終了しており、「フレッツ 光ネクスト」に移行を促している。

機構

契約者宅から、アクセスラインでNTT局舎に至り、ここからNTTのバックボーン「地域IP網」に接続される。

地域IP網に接続するISPを経て、インターネット回線へと接続される。

地域IP網にどのようなISPが接続しているかは地域ごとに異なるが、このようなメカニズムのため利用者はISP選択の自由度がある。

サービスタイプ

開始当時のアクセスラインは10Mbpsであった。これが100Mbpsとなり、後に1Gbpsとなった。


NTT東日本

2009(平成21)年現在は、次の4種類が提供されていた。

以下のサービスは旧サービスであり、現在は提供されていない。

ビジネスタイプとベーシックタイプは回線を専有するが、ハイパーファミリータイプとマンションタイプは複数ユーザーで回線を共用する。


NTT西日本

2009(平成21)年現在は、次の4種類が提供されていた。現在は、全て新規申し込みは終了している。

主なサービス

Bフレッツで利用できる、主なサービスは次の通り。

引いた光回線と殆ど無関係のものもあるが、このサービスの契約にはBフレッツ等の契約が必要である。


NTT東日本

一般家庭向け

企業向け

NTT西日本
リンク
関連するリンク
NTT東日本
NTT西日本
用語の所属
フレッツ
フレッツ光
FTTH
関連する用語
光ファイバー情報通信
光・IP通信網サービス
フレッツ・ADSL
フレッツ・ISDN
NTT地域会社
ベストエフォート
フレッツ 光ネクスト

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic