通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電話 > サービス > 公衆有線 > キャリア別 > NTT・電電公社 > 有線
Bフレッツ ニューファミリータイプ
辞書:通信用語の基礎知識 固定電話サービス編 (WTELFS)
読み:ビーフレッツ-ニューファミリータイプ
外語:B FLET'S New Family Type
品詞:商品名

かつて提供されていた、NTT東日本Bフレッツのサービスメニューの一つで、個人宅向けの廉価サービス。

目次
概要

PPPセッション数上限値2セッション、接続可能端末台数5台のサービスである。

Bフレッツ開始約1年後の、2002(平成14)年6月1日から提供が開始されたもので、ファミリータイプの後継になる。現在は新規受け付けは終了しており、後継はBフレッツ ハイパーファミリータイプとなる。

これはNTT東日本の商品で、NTT西日本ではBフレッツ ファミリー100タイプが近い商品となる。

略史

局によっては、工事費無料でBフレッツ ハイパーファミリータイプへの移行を行なっている。

特徴
技術

100Mbpsの回線を利用したもの。

通信速度は最大100Mbpsだが、EPON(Ethernet Passive Optical Network)と呼ばれる分岐技術が使われている。回線は局内スプリッターで8分岐される。この回線は局外スプリッターで更に4分岐され最大4ユーザーで共有する。回線費用が安価となる分、サービス価格も安価になっている。

料金

2004(平成16)年9月現在、月額利用料は税込4,725円(本体4,500円)。

サービス開始時は税込6,090円(本体5,800円)だったが、2003(平成15)年4月1日に値下げされた。なお、局舎から加入者線までの原価は税別で1,874円であり、回線料金として他の事業者から切り売りの要求があれば、この価格で卸されることになる。

リンク
関連するリンク
http://flets.com/opt/
所属するサービス
FTTH
Bフレッツ
関連するサービス
Bフレッツ ファミリータイプ
Bフレッツ ファミリー100タイプ
関連する技術
EPON

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic