通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電話 > 事業者/団体 > 無線 > 携帯電話事業者 > 大洋州 > 日本
イー・モバイル
辞書:通信用語の基礎知識 電話情報編 (WTELI)
読み:イーモバイル
外語:EMOBILE Limited
品詞:会社名

イー・アクセス系列の携帯通信会社。

目次
会社概要
基本情報

2010(平成22)年7月現在の情報。

沿革
特徴
由来

2005(平成17)年に行なわれた1.7GHz再割り当て、2GHzの追加割り当てで新規参入した携帯通信会社3社のうちの一つである(他の会社はBBモバイルアイピーモバイル)。

2007(平成19)年現在、新規参入した3携帯通信会社として唯一サービスを開始している。

サービス

2007(平成19)年現在、1.7GHz帯を利用したW-CDMAHSDPAでデータ通信サービスを行なっている。

通話サービスについてはNTTドコモとのローミングによって実現した。利用するには対応した携帯電話機が必要になる。


サービス内容


料金

2010(平成22)年1月31日現在の情報。

プランは、幾らかの無料通信分が付いたライトなものから、高額の無料通信文が付いたもの、そして使い放題までがある。


サービスエリア

2007(平成19)年3月31日に始まったばかりのサービスであるため、そのサービスエリアには見るべきものがない状況である。

サービス開始時点では東京、名古屋、大阪を中心としたごく狭いエリアから始まり、地方都市を中心に基地局の整備が進められた。

現在では、人口がある程度多いところはサービスエリア内となり、2010(平成22)年1月31日現在では人口カバー率が90%を突破したとしている。

その他
MNPとSIM

番号ポータビリティ(MNP)は、NTTドコモとのローミングが開始されてから始まった。それまではデータ通信しかサービスが存在せず、MNPのサービス自体、対象となっていなかったからである。

USIMカードと、その台紙
USIMカードと、その台紙

D01NEには通話機能はないが、そのUSIMカードの台紙には電話番号らしき11桁の数字が見られる。プリフィックスは080なので、従来の携帯電話と同じようである。将来的に、MNPも可能となるのだろう。

批判とライバル心

基地局ノウハウ等がまだ今ひとつであるのか、通信品質で批判を受けることが多い。

データ通信サービスではWILLCOMと真っ向から対立する状況にあり、現にサービス開始時には「WILLCOMから乗り換えませんか?」と積極的にアピールしていた。

リンク
関連するリンク
イー・モバイル
用語の所属
EM
関連する用語
携帯電話
EMOBILE G4
WILLCOM

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic