通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電話 > サービス > 公衆有線 > キャリア別 > KDDI(& DDI/KDD/IDO)
BANGO!
辞書:通信用語の基礎知識 固定電話サービス編 (WTELFS)
読み:バンゴ
外語:BANGO!
品詞:商品名

かつて、日本高速通信(テレウェイ)が提供していた情報コンテンツサービスと、そのアクセス型テレホンカード

目次
概要

簡単に言うと、ダイヤルQ2専用テレホンカードのようなもので、コンテンツ料金は前払いであり、カード自体はコンビニや書店で購入できた。

カードのデザインに福山雅治を起用し、発売当初はかなり話題となった。

しかし売り上げが思ったほど伸びなかった。

1998(平成10)年12月に日本高速通信はKDD(現在のKDDI)に吸収合併されて以降もサービスは継続されていたが、2000(平成12)年3月頃からカード販売の中止を開始、2000(平成12)年9月頃には店頭から姿を消した。

特徴
有効期限

全てのカードには有効期限が設けられており、これを過ぎるとそのカードは利用不能になる。

カードの販売は既に終了しており今からの入手は非常に困難である。しかし入手したとしても、2001(平成13)年初頭には発行したカードの有効期限を迎えており、またサービス自体も既に終了している。

カード番号

カードの裏にはスクラッチが付いていて、これをこするとカード番号が出てくる。これをカードに書かれた方法でダイアルすると、各種情報サービスへのアクセスが可能となる。

また、このカード番号を使った通話することも可能で、この場合は割引料金が適用された。

情報コンテンツへのアクセス
0070 ‐ 600 ‐ 情報サービス番号 ‐ カード番号
KDD国内・国際通話
0070 ‐ 600 ‐ 100100 ‐ カード番号 ‐ 相手先電話番号
リンク
関連する用語
KDD
KDDI
テレホンカード
ダイヤルQ2

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic