通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 符号 > 文字 > 符号 > 文字符号(CES) > ISO-2022系
C1
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字用語編 (CTCHRY)
読み:スィーいち
外語:C1
品詞:名詞

ISO/IEC 2022制御文字を指示する場所の一つ。

目次
概要

ISO/IEC 2022で、制御文字文字集合を指示(designate)する場所である。

なお、C1は常にCRに対応している。呼出(invoke)をする必要はなく、指示すると即切り替わる。

特徴
文字表

ISO/IEC 2022では、通常の文字は文字集合→バッファー→図形文字表、という三段階で符号を切り替えるメカニズムとなっている。

制御文字も同様ではあるが、通常の文字と違って頻繁に切り替えることはまずなく、指示と呼出を別にするメリットがないため、いわゆるバッファーに相当するC1と文字表のCRは一体となっている。

呼出

C1は、上述の通りCRという文字表が固定化されており、変更できない。

このため、C1に指示(designate)するエスケープシーケンスを使うと、C1と共にCRを切り替えることができる。

具体的には、「1/11 2/2 <F>」というエスケープシーケンスで切り替えることができる。

リンク
用語の所属
ISO/IEC 2022
C1
関連する用語
C0
CL
CR (文字コード)
制御コード

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic