通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > システム > オンラインシステム
CAFIS
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術システム編 (CTSYS)
読み:カフィス
外語:CAFIS: Credit And Finance Information System
品詞:固有名詞

NTTデータ通信(後のNTTデータ)が開発した、共同利用型クレジットオンラインシステム。1984(昭和59)年2月開始。

目次
概要

クレジットカード会社、金融機関、企業、加盟店の相互間でクレジットカードの情報(与信照会や売上など)や資金移動情報(銀行POSサービス、企業内CDサービスなど)を中継するもので、銀行POS、クレジット会社のCD/ATMネットワーク等として利用される。デビットカードなどを含む電子決済処理でのクレジット照会でも利用されている。

加盟店の依頼に応じて営業分析などのサービスも行なう。

同様のサービスとして日本IBMが開発したCATNETがある。

特徴

加盟店には各社のカードを処理できる端末(CAT)を設置し、CAFISを経由して該当するクレジット会社のホストコンピューターを呼び出す。

1998(平成10)年9月からはクレジットカードの不正防止や処理時間短縮を目的とした「オーソリ(認証)スイッチング・代行サービス」も提供している。

暗号化技術としてFEALが使用されているが、1997(平成9)年以降にはオンラインショッピングでの電子決済で利用可能なようにSETにも対応した。

リンク
関連する用語
NTTデータ
ATM (2)
FEAL
SET
CAT

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic