通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 下位層
通信 > プロトコル > 規模分類 > LAN・MAN > 車内LAN
CAN
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順下編 (CPEQIP)
読み:キャン
外語:CAN: Controller Area Network
品詞:名詞

パワー・トレイン系向け制御系車内LANの一つ。

目次
概要

ボッシュが規格化したネットワーク。当初は車載系のLANとして開発されたが、信頼性や故障検出機能などが優れていたため、様々な分野で応用されている。

伝送長にもよるが、転送レートは最大1Mbps。制御系のLANとしては充分な速度を持つ。

特徴
仕様
物理層

物理層の電気的特性としては、高速なHigh Speed CANと、低速なLow Speed CANがある。

伝送レート125kbpsから1MbpsまでのHigh Speed CANはISO 11898、伝送レート125kbps以下のLow Speed CANはISO 11519で規定される。

このほかに、配線を1本にした規格Single Wire CANもある。

コントローラー

CANコントローラーの種類には、BasicCANとFullCANがある。

BasicCANは、送受信バッファーが小さく、マスクレジスターにも制限があり、その分CPUに負荷が掛かる。

FullCANは、送受信バッファーが大きく、マスクレジスターの許容範囲も大きく、その分CPUへの負荷が少なくて済む。

フレームタイプ

CANには、データフレーム、リモートフレーム、エラーフレーム、オーバロードフレームがある。

データフレームは、データを送信する場合の転送フォーマット。フレームスタート+アービトレーション+コントロール+データ+CRC+ACK+フレームエンド、という構造になる。

リモートフレームは、情報を要求するためのフォーマット。データフレームからデータフィールドを無くした構造である。

エラー発生時は、エラーフレームが発生する。

オーバロードフレームは、データが次のデータ受信までに処理できなかった場合に送信される。ただし、最近ではあまり使用されていない。

リンク
用語の所属
車内LAN

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic