通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 技術分類 > OSI
CMIP
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順上編 (CPINFO)
読み:スィーエムアイピー
外語:CMIP: Common Management Information Protocol
品詞:名詞

共通管理情報プロトコル。OSIの開放型システムに関する資源を統合的に管理するための管理プロトコルで、アプリケーション層で動作する。ISO/IEC 9596-1で規定されている。

目次
概要

CMIPは、応用サービス要素(ASE)の一つ共通管理情報サービス要素(CMISE)間で交換され、システム管理応用サービス要素(SMASE)に対して共通管理情報サービス(CMIS)を提供するために用いられる。

OSI管理で規定されるシステム管理モデルには拡張性を考慮してオブジェクト指向モデルが採用されており、全体としては管理する側の開放型システム(マネージャー)と管理される側の開放型システム(エージェント)間の通信が規定されている。マネージャーはエージェントを通してエージェント内に含まれる抽象化された管理オブジェクトを管理し、管理オブジェクトの操作はマネージャーによる「管理操作」の実行によって行なわれ、その結果起こった事象は「通知」としてマネージャーに返される。

管理オブジェクトは管理オブジェクトクラスというテンプレートによって共通特性(属性、グループ、通知、動作、挙動)が定義され、それに対応する実際のオブジェクトは管理オブジェクトインスタンスで表わされる。また管理オブジェクトクラスは継承することができ、大元のスーパークラスを元にサブクラスを定義して特性の拡張を行なえる。

CMIPの各管理操作
m-EventReport
管理オブジェクトからの通知(非確認型)
m-EventReport-Confirmed
管理オブジェクトからの通知(確認型)
m-Get
属性値の取得(確認型)
m-Linked-Reply(Get)
複数応答機能(GET)
m-Cancel-Get
GET操作取り消し(確認型)
m-Set
属性値の設定(非確認型)
m-Set-Confirmed
属性値の設定(確認型)
m-Linked-Reply(Set)
複数応答機能(SET)
m-Action
管理オブジェクトへの動作(非確認型)
m-Action-Confirmed
管理オブジェクトへの動作(確認型)
m-Linked-Reply(Action)
複数応答機能(ACTION)
m-Create
管理オブジェクトの生成(確認型)
m-Delete
管理オブジェクトの削除(確認型)
m-Linked-Repy(Delete)
複数応答機能(DELETE)
リンク
関連する用語
CMOT
OSI参照モデル
アプリケーション層
ISO
IEC

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic