通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 中位層 > TCP/IP・UDP/IP > IP > IPv6
DAD
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:ディーエイディー
外語:DAD: Duplication Address Detection
品詞:名詞

重複アドレス検出。IPv6のアドレス自動設定の方法の一つ。

ステートレスアドレス自動設定において、自分のMACアドレスから生成したIPv6アドレスが本当に利用できるかを確認する方法。

目次
概要

まず、そのIPv6アドレスをネットワークの近隣ノードへ投げる。

もし同じアドレスのノードが存在した場合、そのノードがそのアドレスを既に使っている旨を返すので、重複することがわかる。

他のノードからの応答が、少なくとも1秒なければ、そのIPv6アドレスは利用可能と判断される。

もし重複があればそのアドレスは利用出来ないため、そのアドレスは放棄し、DHCPv6などを用いたステートフルアドレス自動設定が必要となる。

仕様

仕様は当初RFC 1971によって定義されたが、これはRFC 2462、そしてRFC 4862「IPv6ステートレスアドレス自動設定」によって置き換えられ、このRFCはStandards Track(標準化過程)とされている。

また同様に標準化過程のRFC 4941によって、IPv6ステートレスアドレス自動設定のプライバシー拡張が既定されている。

リンク
用語の所属
IPv6
ステートレスアドレス自動設定
関連する用語
リンクローカルアドレス
RS
RA

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic