通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 用語・俗語 > 技術
DLNA
辞書:通信用語の基礎知識 通信団体編 (CYORG)
読み:ディーエルエンエイ
外語:DLNA: Digital Living Network Alliance
品詞:団体組織名

異なるメーカーのパーソナルコンピューターやその周辺機器、ならびにディジタル家電などの相互接続性確保を目指す業界団体。

目次
概要

ソニー松下電器産業(現・パナソニック)、Intelなどの家電やコンピューター各社が2003(平成15)年6月に設立したDigital Home Working Group(DHWG)が、2004(平成16)年6月23日に改称して誕生した。

この改称とともに、標準設計ガイドラインである「Home Network Device Interoperability Guidelines v1.0」を発表した。

特徴
機器

ガイドラインでは、ホームネットワーク環境における機器間の相互接続を可能とするメディアサーバーと、サーバー内にあるコンテンツを再生する機器(クライアント)についての設計ガイドラインが定義されている。

想定される機器は、パーソナルコンピューターセットトップボックスプリンターPDA携帯電話機テレビステレオDVDプレイヤープロジェクターなどである。

機能

IPアドレスUPnPで取得、無線通信はWi-Fiなどの標準技術に準拠する。

扱うデータ形式については、次のように規定されている。

以上の三形式については必須対応となる。以下はオプションである。

リンク
関連する用語
パーソナルコンピューター
セットトップボックス
DTCP-IP

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic