通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 団体・事業者 > 回線・ネットワーク組織 > プロバイダー > 大洋州 > 日本 > インターネットサービス(ISP)
DTI
辞書:通信用語の基礎知識 通信団体企業編 (CYENT)
読み:ディーティーアイ
外語:DTI: Dream Train Internet Inc.
品詞:会社名

株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが提供する、個人向けのインターネットサービスプロバイダー(ISP)。

目次
概要

1995(平成7)年10月26日三菱電機系のプロバイダーとして設立。

2003(平成15)年に東京電力の子会社である東京通信ネットワーク(TTNet)の子会社(つまり東京電力の孫会社)になった。更にTTNetがパワードコムとなりパワードコムの子会社となった。

やがてパワードコムがKDDIに合併することに伴い、株式が東京電力に譲渡され東京電力の子会社となった。

そして東京電力が通信事業の縮小するため株式がフリービットに売却され、2007(平成19)年にフリービットの子会社となった。

特徴
オタク

かつてはサポートサービスが優れているプロバイダー1位であることが自慢だったが、初心者には優しくないらしく、初心者が増えてからは徐々にランキング(と占有率)を落としたりした。

オタク度の高いプロバイダーであり、新入会者に綾波レイのマウスパッドやサクラ大戦のコースターのプレゼントをしたりしていた。一般人には全く嬉しくない。

また会員ページのドメイン www.***.dti.ne.jp の***には、mars、venus、ceresなど、惑星などの名が使われているが、これも美少女戦士セーラームーンを髣髴とさせる(参考までに、綾波マウスパッドの時期に入会した人はwww.pluto.dti.ne.jpとなったらしい)。

一大転機

DTIにとっての一大転機は2004(平成16)年である。

パワードコムは2004(平成16)年7月1日、パワードコムの個人向けインターネット事業部門を分割し、かねてより業務提携を行なっていたDTIに統合して事業統合した。この時DTIの会員数は28万、POINTは20万で、合計50万のISPの誕生である。

この時、ブランド名としてはDTI・POINT双方が残された。POINT事業の分割に際してDTIが新規発行する株式40,108株は全てパワードコムに割り当て交付され、もってパワードコムはDTI株式の96.2%保有となった。

なお、東京電力に譲渡される直前の2005(平成17)年10月1日、遂にPOINTブランドはDTIに統合され消滅した。

リンク
用語の所属
ISP
関連する用語
パワードコム

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic