通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 文書・書籍 > RFC > 番号 > 〜3999
通信 > プロトコル > 階層分類 > 上位層 > 制御 > IPネットワーク
DUID
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順上編 (CPINFO)
読み:ディーユーアイディー
外語:DUID: DHCP Unique Identifier
品詞:名詞

DHCPv6で使用される、システムを特定するための識別子。DHCP固有識別子。

目次
概要

DHCPv6で、端末に対してIPv6アドレスを割り振る際に使用している。

従来のIPv4用のDHCPでは端末の識別にMACアドレスを用いていたが、IPv6ではDUIDを用いる。

MACアドレスはインターフェイスを特定するが、DUIDはインターフェイスだけではなくシステムを特定する。

特徴
要求

DUIDは、DHCPv6のサーバーとクライアントの間で一意でなければならない。

また、DUIDを変更してはならない。

この前提を崩さなければ形式は無限にありうるが、DHCPv6の仕様は、形式も規定している。

種類

DHCPv6(RFC 3315)の仕様では、DHCPの形式を表わす2オクテットの符号に続けて、一意とする情報を付加する不定長となる。次の3種類が規定されている。

形式

DUID-LLT

DUID-LLTは、次の形式となる。

あるWindows 7環境では、次のようにDUID-LLTが使われていた。

00-01-00-01-tt-tt-tt-tt-xx-xx-xx-xx-xx-xx

ttは32ビットの時刻(何の時刻かは不明)、xxは48ビットのMACアドレスである。


DUID-EN

DUID-ENは、次の形式となる。


DUID-LL

DUID-LLは、次の形式となる。

リンク
用語の所属
DHCPv6
関連する用語
IAID

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic