通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 技術 > 伝送手法 > QoS
DiffServ
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術応用編 (CTAPL)
読み:ディフサーブ
外語:DiffServ: Differentiated Services
品詞:名詞

QoSを実現する仕組みの一つ。

目次
概要

パケットのヘッダーでDSCP(Diffserv Code Point)を指定し、このDSCPの種類ごとに帯域を保証する仕組みとなっている。

種類は次の四種。

特徴

同種の機構であるIntServと異なりフロー別の制御を行なわないためルーターの機能負担が低くRSVPのようなシグナリングも不要で、現在のインターネットの構造に適しており実用化が進められている。

ただし、IntServほど厳密な帯域保証はできない。

リンク
関連する用語
IntServ
ルーター
QoS

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic