通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 装置・設備 > 無線 > 近距離通信
ICタグ
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術機器用語編 (CTDEVY)
読み:アイスィータグ
外語:IC tag
品詞:名詞

ICによる電子荷札のこと。

大きく、情報読み取り専用のROM型と、書き換え可能なフラッシュメモリー型があるが、ROM型の方がより小型化が可能である。

目次
概要

現在では、内部の情報は小型のアンテナにより電波で発信され、受信機を用意することでこれを非接触で読み取ることができるRFICタグが注目されており、単にICタグと呼んだ時は、このRFICタグを言うことが多い。

RFICタグは現在のバーコードの後継となることが期待されるもので、超小型ながら比較的大容量の集積回路とアンテナで構成される。

特徴

ICという特徴から、次のような機能が安価、容易に実現できる。

この特徴を利用し、例えば現在のバーコードのような商品番号だけでなく、産地、製造過程など、多くの情報を格納し、品質管理に生かす試みがされている。

用途

様々な用途が考えられている。

流通管理

商品管理用としては、現在のPOSと同等の機能のみならず、商品の流通経路の把握なども可能である。

バーコードの場合はせいぜい数桁の数字を記録するだけで、しかも読み取り専用である。バーコードには面積が必要で、その上美しくない。ICなら大容量であり、小型で目立たず、しかも後から書き換えることもできる。

食品の安全性確保などにも役立つことが期待され、スーパー業界が中心となって積極的な導入を進めている。

セキュリティ

セキュリティ関係としては、IDカードや、イベントの入場券の偽造防止などに使われている。

ICは偽造がされにくいためセキュリティ面では優位性が高いと考えられている。

但し、絶対に偽造できない、というわけではない。偽造は技術的には可能である。偽造して、その出費をペイ出来るほどの経済性があるかどうかがこういった問題での最大の鍵であるが、ICの場合はその面でも優位である。偽造を商売規模として大々的に始めないと元が取れないようでは、犯罪を犯す意味がないからである。

リンク
関連する用語
RFICタグ
RFID
オートIDセンター

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic