通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 標準・勧告 > IEEE > IEEE 802 > IEEE 802.11
IEEE 802.11d
辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:アイトリプルイーはちゼロにーてんいちいちディー
外語:IEEE 802.11d
品詞:固有名詞,団体組織名

IEEE 802.11の作業部会の一つで、IEEE 802.11規格が使用できない国や地域に向けた特殊仕様を作成することを目的とする。

概要

IEEE 802.11シリーズは、2.4GHz帯5GHz帯(5.2GHz帯)を用いる。しかしこの帯域が利用できない国や地域があり、そういった地域でも無線LANを可能とするために追加のメディアアクセス制御と物理層を定義するものである。

幸運にも日本では2.4GHz帯(IEEE 802.11b/g/n)も5GHz帯(IEEE 802.11a/n/ac)も利用できるため、お世話になることはないだろう。

リンク
用語の所属
IEEE 802.11

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic