通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 装置・設備 > LAN・MAN・PAN > 無線
通信 > プロトコル > 標準・勧告 > IEEE > IEEE 802 > IEEE 802.11
IEEE 802.11
辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:アイトリプルイーはちゼロにーてんいちいち
外語:IEEE 802.11
品詞:固有名詞,団体組織名

無線LANの代表的な接続方式の標準。ISOではISO/IEC 8802-11が相当する。

目次
概要

IEEE 802.11とは、IEEE 802標準化委員会の802.11無線LAN標準化部会のことである。ここから、この作業部会で作られた仕様をIEEE 802.11と呼ぶ。

1990(平成2)年から10年近く審議され、1997(平成9)年に標準化され、翌年にはISO規格に盛り込まれた。

当初は無線装置やネットワーク操作の細部まで規定する予定であったが、最終的には物理層およびMAC層を規定する形で落ち着いた。

特徴
物理層

具体的には、物理層に赤外線を使うタイプと、2.4GHz帯または5GHz帯の電波(ISM)を使うタイプの2種類を規定している。

電波では、2種類の方式が規定されており、DSSSとFHSSが使われている。

具体的には次のように分類される。

タスクフォース
技術一覧

当初の伝送速度は1Mbpsと2Mbpsだったが、後継規格によって高速化された。

作業部会一覧

全タスクグループ(とその技術仕様)の一覧。※未使用の注記があるものは、未使用の番号。

リンク
関連するリンク
IEEE P802.11 WLAN COMMITTEE
用語の所属
IEEE
IEEE 802
11
関連する用語
Wi-Fi
CSMA/CA
無線LAN
ISM (周波数帯)
HomeRF

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic