通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 標準・勧告 > IEEE > IEEE 802 > IEEE 802.3 > 802.3ah(EFM)
IEEE 802.3ah
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術物理層編 (CTPMD)
読み:アイトリプルイーはちゼロにーてんさんエイエイチ
外語:IEEE 802.3ah
品詞:名詞,団体組織名

EFMの標準規格名で、FTTHでの利用が想定される。光ファイバーを用い、100Mbps〜1Gbpsの帯域を持つ。

目次
開発経緯

従来のFTTHでは100BASE-FXを用いることが多かった。しかし100BASE-FXは伝送距離が320mと短いという欠点があった。また基本的に光ファイバーを2芯通さなければならないため、コストがかさむ。

そこでIEEE 802.3ahでは、光ファイバー1芯での通信も含め、規格化された。

形式名称
リンク
関連する用語
EFM
100BASE-LX10
1000BASE-LX10
100BASE-BX10-D
1000BASE-BX10-D
1000BASE-PX10-D
1000BASE-PX20-D

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic