通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 中位層 > TCP/IP・UDP/IP > IP > IPv6 > アドレスの種類
IPv4射影アドレス
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:アイピーヴィーよん-しゃえいアドレス
外語:IPv4-mapped address
品詞:名詞

IPv4でしか通信できないホストに割り振られるIPv6アドレス

概要

IPv6ホストがあるホストと通信しようとした時、そのホストがIPv4でしか通信できない(DNSのAAAAレコードがなく、Aレコードのみが存在する)場合、そのホストのIPv6アドレスはIPv4射影アドレスの形で返される。

80ビットの0、16ビットの1に続けてIPv4アドレス、という形になる。

例えば、IPv4アドレスが192.0.2.1であれば、0:0:0:0:0:ffff:192.0.2.1(::ffff:192.0.2.1)となる。

IPv4射影アドレスは、あくまでDNSの内部的に使われるアドレスであり、AAAAレコードに書いてはいけない。

リンク
用語の所属
IPv6
IPv6アドレス
関連する用語
トンネリング
IPv4互換アドレス

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic