通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 中位層 > TCP/IP・UDP/IP > IP > IPv6
ISATAP
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:アイサタップ
外語:ISATAP: Intra-Site Automatic Tunnel Addressing Protocol
品詞:名詞

IPトンネリングの一つで、IPv4ネットワーク経由でカプセル化されたIPv6パケットを転送する、IPv4‐IPv6移行技術の一つ。NAT Traversalであることを特徴とする。RFC 5214で規定されている。

目次
概要

ISATAPルーターをIPv4/IPv6双方が到達可能な場所に設置し、このルーター経由で送受信する。

使用するIPv4アドレスはプライベートIPアドレスでもよく、NAT配下でも機能を利用することが出来る。

特徴
ISATAPアドレス

IPv6アドレスの下位64ビットは、次のように作られる。

::5efe:IPV4ADDR

これはEUI-64形式のアドレスで、IANAの持つOUI(00-00-5E)に、0xfeを付け、その後にIPv4アドレスを繋げる形式を取ったものである。

これだけでリンクローカル内では一意になるため、ISATAPルーターから通知されたプリフィックス(上位64ビット)を加えて、リンクローカルアドレスを作ることも集約可能グローバルユニキャストアドレスを作ることもできる。

ISATAPルーター

外部のIPv6ホストと通信するためには、ISATAPルーターと呼ばれるリレールーターを経由せねばならない。

ノードはIPv6データグラムをIPv4にカプセル化してリレールーター宛に送出する。

リンク
用語の所属
IPトンネリング
関連する用語
IPv4
IPv6

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic