通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 標準・勧告 > ITU勧告 > Vシリーズ > インターフェイス/モデム(10〜34)
ITU-T V.34
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順下編 (CPEQIP)
読み:アイティーユーティー-ヴィー-さんよん
外語:ITU-T V.34
品詞:名詞

一般電話回線でデータ通信を行なう、全二重モデムの規格の一つ。ITU-T勧告の一つ。

目次
概要

33,600bpsのアナログモデムで使われている規格である。

ITU-T V.32の拡張版であり、圧縮の改善や送信レベルの自動調整機能などにより、より高速な通信を実現した。

特徴

もともとは最大28,800bpsの全二重通信を可能とする規格だった。

その後、モデムメーカーの独自仕様V.34+などの登場を受けて拡張され、33,600bpsまでの通信に対応した。

後継に、ITU-T V.90などがある。

リンク
用語の所属
ITU-T勧告
34
用語の所属
アナログモデム
ITU-T V.90
ITU-T V.32

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic