通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 文書・書籍 > RFC > 番号 > 〜1999 > 1900番台
通信 > プロトコル > 階層分類 > 上位層 > アプリケーション > 電子メール
POP
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順上編 (CPINFO)
読み:ポップ
外語:POP: Post Office Protocol
品詞:名詞

電子メール受信に使われる通信プロトコルの一つ。

現在でも現役で使われており、他の関連するプロトコルにIMAPがある。

目次
概要

サイト間のメール転送は通常SMTPによって行なわれる。

SMTPサーバーにスプールされたメールが送信される時、送り先は必ずオンラインでなくてはならないが、ユーザーが常にオンラインである保証がない場合、仲介にPOPサーバーを置き、常にそれをオンラインとしておく。ユーザーは一定時間毎にPOPサーバーのメールを調査し、メールが届いた場合には、それを受信する。このような機能を実現するプロトコルがPOPである。

特徴
仕様

現在はRFC 1939(STD 53)で規定されているPOP3が標準である。

POP3は、前バージョンのPOP2に、認証機能(APOP)などが追加されている。

このソフトを稼働させて、メールの配信処理を行なう電子計算機のことをPOPサーバーと呼ぶ。

機構

クライアントは110/tcpに接続し、「USER」と「PASS」で認証を受けた後、「STAT」「LIST」「RETR」「DELE」「QUIT」といったコマンドを使用してメールを読み出す。いわばSMTPがプッシュ型、POPがプル型のプロトコルである。

なお、この認証で使われるパスワードはそのまま平文でネットワーク上を流されるため、パスワードを盗まれる危険性がある。そこで、POP3からはパスワードをハッシュ値にして送信するAPOPと呼ばれる機構とコマンドが用意された。

なお、APOPを使用してもメール本文は暗号化されない。

リンク
用語の所属
通信プロトコル
ウェルノウンポート
関連する用語
電子メール
メール転送
APOP
POPサーバー
SMTP
プッシュ技術
IMAP
POP before SMTP

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic