通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 文書・書籍 > RFC > 番号 > 〜2999 > 2100番台
通信 > プロトコル > 階層分類 > 上位層 > アプリケーション > 認証
RADIUS
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術安全編 (CTSEC)
読み:ラディウス
外語:RADIUS: Remote Authentication Dial-In User Service
品詞:固有名詞

クライアントサーバーモデルのダイアルアップ接続ユーザー認証システム。

目次
概要

クライアントからのダイアルアップ接続認証要求を受け、RADIUSサーバー(radiusd)が認証の可否をクライアントに返すシステムである。

RADIUSはTCP/IPベースのアプリケーションであるため、クライアントとサーバー間はTCP/IPで接続可能であることが前提条件となる。

特徴

次のような会社のアクセスサーバー製品が揃って対応している、業界標準規格である。

そのためか仕様はRFCとなっており、RFC 2865RFC 2866でドラフト標準となっている。

リンク
用語の所属
クライアントサーバーモデル
AAA
関連する用語
ダイアルアップ
認証
TCP/IP
Cisco Systems
U.S.Robotics

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic