通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 下位層 > 物理層(信号・符号) > 信号線
RS-232Cレベル
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順物理層編 (CPPMD)
読み:アーエス-にーさんにスィー-レベル
外語:RS-232C level
品詞:名詞

RS-232C(最新はANSI/EIA/TIA-232-F、あるいはJIS X 5101)で使われる、信号線レベルの俗称。

概要

RS-232Cの物理層は、CMOSレベルTTLレベルとは異なった独自の信号線レベルを採用している。

マーク(1)が-3V〜-15V、スペース(0)が+3V〜+15Vと、負論理となる上に使用される電圧も比較的高い。

そのため、通常の電子回路(CMOSレベルやTTLレベル)でRS-232Cを使う場合、別電源(12V程度が一般的)とドライバーICが必要になる。

リンク
用語の所属
RS-232C
関連する用語
スレッショルド電圧

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic