通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 上位層 > 制御
SYSTAT
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順上編 (CPINFO)
読み:エスワイ-スタット
外語:SYSTAT
品詞:名詞

アクティブなユーザーの情報を得るための通信プロトコルの一つ。

目次
概要

11/tcp又は11/udpのポートを利用する。

仕様は、RFC 866(STD 24)に簡潔に記載されている。

特徴
機能

接続すると、アクティブなユーザーについての一覧が返され、TCPの場合はコネクションはすぐに切断される。

その内容がどのようなものかは定義がなく、実装依存である。

実装

UNIX互換OSの場合、基本的にはinetdから呼び出されるプログラムが、この処理を行なっている。

しかし最近では、セキュリティ対策の一環として、必要のないサービスは停止して外部からの侵入口を減らすことが多い。このサービスは、もはや興味本位以外で使われることはないという理由で、真っ先に停止させられる代表となっている。

通常のinetdの場合、設定は「/etc/inetd.conf」にて行なわれる。設定例は次の通り。

systat stream tcp nowait nobody /usr/sbin/tcpd /bin/ps -auwx

この場合はつまり、nobodyユーザーとして「ps -awwx」を実行した結果を返すことになる。

初期状態では先頭に # が書かれ、つまりコメントアウトされておりサービスが起動していない状態となっているはずである。

なお、xinetd を使用している場合は /etc/xinetd.conf であり、どちらもインストールしていない場合はファイル自体が存在しない。

リンク
用語の所属
通信プロトコル
ウェルノウンポート
関連する用語
inetd

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic