通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 文書・書籍 > RFC > 番号 > 〜0999
通信 > プロトコル > 階層分類 > 中位層 > TCP/IP・UDP/IP > TCP
TCP
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順中編 (CPTRAN)
読み:ティースィーピー
外語:TCP: Transmission Control Protocol
品詞:名詞

OSI参照モデルトランスポート層にある通信プロトコルの一つ。RFC 793(STD 7)で規定されている。

目次
概要

IPを下層に持つことが多く、その場合はTCP/IPと呼ばれるが、それに限らない。

IPのプロトコル番号は6。

特徴
目的

このプロトコルが行なうことは、送信しようとしたデータが、正しく宛先に届いたかどうか、またもし届かなければ再度送信するというような、確実性をもった全二重のストリーム通信である。

そのため送信側と受信側が親密に通信を行なうことになり、確実性を得る代わりに速度が多少犠牲になるのが特徴である。

これを実現するために、TCPプロトコルで通信する場合には、まず初めに「○○と通信する」という宣言を行ない、終了する際に「○○との通信は終わった」と宣言を行なう。また、最初に行なわれる通信確立手順は、3ウェイハンドシェイクと呼ばれている。

高速性が重要であり、プロトコルに信頼性を求めない場合、TCPの代わりにUDPがよく用いられる。

再送

TCPによる通信では、受信側は必ず送信元に対してACKの応答を返す。

ある時間内にACKが届かなければ、何らかの問題が発生したと判断し、送信元はパケットを再送する。

分割

一つのパケットに収まらないような大きなデータは、複数のパケットに分割されて送られる。

これが受信側で正しい順番に再度繋げられ、アプリケーション層から見ると常に正しい順番でデータが送受信されているように見える。

つまり、パケットの到着順序が保証される。

技術
主要機能

TCPには、次のような機能が備わっている。

状態遷移

TCPは、待機状態から通信、そしてその終了まで、状態遷移表に基づいて動作するプロトコルである。

TCPには、次の11種類の状態が存在する(RFCに書かれている順序)。

これらの状態を、ACKSYNFINなどに応じて順次遷移し、もってプロトコルは動作する。

関連技術
上位プロトコル

TCPを使う代表的なプロトコルにTELNETFTPSMTPHTTPなどがある。

TCPヘッダー内にあるポート番号によって上位プロトコルは決定される。

リンク
用語の所属
通信プロトコル
トランスポート層
TCP
関連する技術
IP
TCP/IP
TCPヘッダー
UDP (プロトコル)
関連する用語
OSI参照モデル
TCPコネクションスプーフィング
TCP接続スキャン
全二重
ACK (TCP)
ICMP
TCB

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic