通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 文書・書籍 > RFC > 番号 > 〜0999
通信 > プロトコル > 階層分類 > 中位層 > TCP/IP・UDP/IP > UDP
UDP (プロトコル)
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順中編 (CPTRAN)
読み:ユーディーピー
外語:UDP: User Datagram Protocol
品詞:名詞

TCPと同じOSI参照モデルトランスポート層にある通信プロトコルの一つ。RFC 768(STD 6)で規定されている。

目次
概要

IPのプロトコル番号は17。

TCPと同様にIPを下層に持つことの多いプロトコルで、IPを下層に持つ時はUDP/IPとも呼ばれる。

特徴
TCPとの違い

TCPとの違いは、データをUDPパケットとして送出するが、それが相手に到達したか確認を行なわない点にある。

パケットは、悪くいえば一方的に相手に送り付けられ、大げさに言えば運が良ければ相手のマシンのUDP層まで届く。このことを、コネクションレスプロトコル(接続の必要のないプロトコル)と呼ぶ。

その代わりシンプルなプロトコルであるため無駄な動作が少なく、ゆえにTCPと比較して、不確実だが高速な通信が可能である。

技術的特徴

到着の確認をする必要がないため、TCPのように、通信前に「○○と通信する」や、通信後に「○○との通信が終わった」といった「面倒な」作業は必要がない。

その代わり、ネットワークでは場合によって途中でパケットが破棄され捨てられてしまう可能性もある。また複数のパケットを送る場合、そのパケットの到着順も保証されない。

確実性をも必要とする場合、より上位のプロトコルで対応する。

上位プロトコル

主な用途としては、DNS参照などのように単発的で情報量の少ないもの、音声やビデオのストリーム再生、NFSNTPの様にリアルタイム性が求められるものに使われる。

ウェルノウンポート番号としてIANAが定義するものはUDPもTCPも大差ないが実際にはTCPでしか使われないことが多いものも少なくない。

実際にUDPが主なものとしては、次のようなものがある。

また、マルチキャスト(クラスD)送信はUDPでしか出来ないが、これはある種のルーティング管理や一部のストリーム放送で使われる。

リンク
用語の所属
通信プロトコル
UDP
関連する用語
UDP/IP
UDPヘッダー
UDPスキャン
TCP

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic