通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 団体・事業者 > 回線・ネットワーク組織
IANA
辞書:通信用語の基礎知識 通信団体編 (CYORG)
読み:アイアナ
外語:IANA: Internet Assigned Numbers Authority
品詞:団体組織名

IPアドレスドメイン名AS番号(自律システム番号)などの一意に定まる番号や記号の管理機関。

レジストラーNICは、IANAの決定に基づき、実際にそれらを運用する。

目次
概要

アメリカのコンピューター科学者、Jonathan Bruce Postelによって興された。

かつては米政府の援助で活動をしていたが、国際機関化する目的で、ICANNの援助による団体になった。現在では、ICANNの下部組織である。

Postelは1998(平成10)年10月16日に他界するが、追悼文はIANAらしくRFCで、RFC 2468として発表されている。

特徴
IPアドレス管理構造

IPアドレスは、IANA(ICANN)を頂点、エンドユーザーを最下層とした階層構造として維持管理される。

具体的には、次のような階層構造である。

  1. IANA(ICANN)
  2. RIR(地域インターネットレジストリ)
  3. NIR(国別インターネットレジストリ)
  4. LIR(ローカルインターネットレジストリ)
  5. ISP(インターネットサービスプロバイダー)
  6. EU(エンドユーザー)
リンク
関連するリンク
http://www.iana.org/
関連する用語
IPアドレス
ドメイン名
AS番号
関連する団体
NIC (団体)
ICANN
InterNIC

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic