通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 団体・事業者 > 回線・ネットワーク組織 > NIC・各種管理組織
NIC (団体)
辞書:通信用語の基礎知識 通信団体編 (CYORG)
読み:ニック
外語:NIC: Network Information Center
品詞:名詞

ネットワーク情報センター。インターネットの円滑な運営を支えるための組織。

概要

インターネットで利用されているIPアドレスAS番号ドメイン名といった資源を管理し、割り当てをするための団体。

全体を管理・調整するIANA(ICANN)を頂点として、世界を5地域に分けて各地域を管轄するNIC(RIR)が置かれ、その下に位置する各国のNIC(NIR)やISP等に対して割り当てを実施する階層構造となっている。

  1. IANA(ICANN)
  2. 地域インターネットレジストリ(RIR)
  3. 国別インターネットレジストリ(NIR)
  4. ローカルインターネットレジストリ(LIR)
    • インターネットサービスプロバイダー(ISP)など

日本の場合、アジア太平洋地域の管轄となるAPNICの管轄で、そこに参加しているJPNICが日本の国別NIC(NIR)となる。

リンク
関連する用語
IANA
JPNIC

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic