通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 技術分類 > OSI > 参照モデル
トランスポート層
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:トランスポートそう
外語:transport layer
品詞:名詞

OSI参照モデルレイヤー4(第4層)となる通信プロトコルの階層構造。中位層の上位。

目次
概要

セッション層(レイヤー5)からの要求に応じ、そしてネットワーク層(レイヤー3)に対して要求を行なう。

このレイヤーの目的は、伝送を行なうエンドシステム間で直接対話を行なうことにある。

例えばTCP/IPならTCPがトランスポート層に該当する。通信プロトコルレベルでの認証暗号化圧縮などはこの層で処理される。

特徴
サービス

ネットワーク層の主なサービスは以下の通り。

TCP/IPプロトコルスイート

インターネットプロトコルでは、OSI参照モデルが完全には実装されていない。

IEFTはインターネットプロトコルの階層構造は、RFC 1122において4層で定義されており、以来一度も変更されていない。

そのTCP/IPプロトコルスイートでも、トランスポート層はOSI参照モデルと対応している。

主なプロトコル

現在でもよく使われている、インターネットに関連深いレイヤー4・トランスポート層関連のプロトコルは、次の通り(原則としてアルファベット順)。

第3層+第4層
第4層
リンク
用語の所属
OSI参照モデル
通信プロトコル
関連する用語
ルーター

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic