通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 技術 > 伝送手法
TTL
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:ティーティーエル
外語:TTL: Time To Live
品詞:名詞

ホップ数を表わす指標の一つで、IPv4において、パケットがネットワーク上に存在することを許可されている時間。

目次
概要

ネットワークでの無限ループなどを防ぐために存在する。

秒などの時間で規定される場合と、ルーターを通った回数(ホップ数)などで規定される場合がある。

定義、用法

IPv4ではあくまでTime to Live(生存時間)であり、単位は決められていない。現実には、ルーターを経由するごとに1つデクリメントされる。

IPv6ではHop Limitとされ、明確な規定が与えられている。やはり、ルーターを経由するごとに1つデクリメントされる。

リンク
用語の所属
IPv4
ルーティング
関連する用語
ネットワーク
ルーター
ホップ数
Hop Limit

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic